トップ / 海外旅行での危険を避けるために

海外旅行での危険を避けるために

海外旅行の勉強を

学割

危険のない旅行をするために

海外旅行へ行く際に必ず注意しておきたいのが、行き先の治安です。日本では当たり前のことでも、海外へ行くと地域によっては危険な可能性もあります。海外へ行く際はあらかじめ、一般的な情報から最新の情報まで載っている外務省海外安全ホームページや現地大使館や領事館のホームページなどで現地の情報を調べておき、旅行前に、現地でどのような地域が危険で何に注意すべきかを知っておいて行動すると良いです。初めて行く国でない場合でも、状況が変わる可能性もあるので念のため下調べをし、パスポートを紛失したなどの万が一の時に備えて、現地日本大使館や領事館の連絡先も合わせてメモしておくと良いです。

海外で危険を避けるには

海外旅行では日本国内で考えられない事件に遭遇する事があります。これを避けるためには、先ず外務省の安全ホームページを参照して、危険度の高い国やエリアに行かない事です。貧富の差が激しい発展途上国では、あまり身ぎれいにせず、周囲から浮かないようにする工夫も必要です。海外旅行で高価なものを所持していると、盗まれるだけでなく、生命の危険に遭遇する可能性もあります。また、安全度が高いと言われる国でも、人通りが少ない場所や風紀の悪い場所は避け、夜間は単独行動を控えるようにします。パスポートや現金などの貴重品はホテルの部屋に置いたり、スーツケース内に入れたりせず、常に身に着け、上着を着用して盗難に対処します。

↑PAGE TOP